ABOUT

「花の命を着る。」

「花の命を着る。」

生きた植物のランジェリー。
シルクやオーガニックコットンなど、
こだわりの着心地の天然素材を2000年前から日本に伝わる伝統の草木染めでひとつひとつ丁寧に染め上げ、
植物のみずみずしい天然のエネルギーをそのままギュッと生地に詰め込んでいます。
着るたびに生きた植物たちのパワーを感じる癒しのランジェリーは、あなたの心とからだを大切に、慈しむように包んでくれます。


お守りとしての衣服の
在り方を現代に

薬を飲むことを「服用」と今でも言うように、昔の日本では、衣服を着るということは薬を飲むことと同じ意味があったと考えられます。
天然の衣服を草花で染めることは、薬効成分を体に染み込ませるためにありました。
衣服はただ着飾るためのものではなく、自分を守る大切なお守りだったのです。
Liv:raはこの日本の素晴らしいアイデンティティーを現代のファッションカルチャーと融合させながら
次世代に継承していくことを使命としています。


Liv:raのこだわり

Liv:raのこだわり

染めについて

染めについて

Liv:raは京都の職人さんの新万葉染めという草木染め技術使用しています。
従来の草木染めは100度のお湯で煮出して染色していましたが、その状態では色素が栄養分になりかけている為、なかなか色が定着せず、
何度も染め直すか、石油系有機溶剤で定着させているのがふつうでした。
「新万葉染め」は独自の技術で草花を分子のレベルまで微粉砕することで80度以下のお湯で色素を定着させ、草花の色素をしっかりと地に落とし込むことを可能としています。
また、植物性の色素は植物性の素材に定着しづらい為、綿や麻素材に草木染めをする場合は石油系界面活性剤が使用されることが多かったのですが、「新万葉染め」は前処理に高タンパクの大豆や卵白、牛乳を使用して色素を定着しやすくし、定着剤には体にやさしい食べられるみょうばんを使用しています。

出来る限り人にも環境にもやさしい染色をしたいという職人さんの愛から生まれた「新万葉染め」、京都の工場で無農薬の植物を使い1点1点丁寧に手染めされています。
その気持ち良さと美しさをLiv:raを通して感じていただけましたら幸いです。

皮膚は人の身体の中で最大の臓器であり、極めて重要な役割を果たしています。私たちの健康を考える時、「食」と並んで皮膚を包む「衣服」はとても重要です。
食の質や安全性に関心を持つのと同じように、身にまとう衣服の質や安全性に関心を持つ事は、私たちの健康を考える上でとても大切な事なのです。
「服用」という言葉は昔は薬草で染めた衣をまとって病を癒す事ではなかったかと思われます。
一般市民は藍で服を染めていました。
藍には抗菌、排毒、抗紫外線、鎮静、マムシ除けなどの効果があります。そして女性は茜で染めた下着や衣を着ていました。
茜は浄血、造血、保温、細胞の活性化などの薬効があります。 また、わざと染料が落ちやすいように赤ちゃんの産着を染めてそで口をしゃぶらせる事で薬効を与えたと言われています。
古の人々にとって「衣を身にまとう」という事は、寒さや暑さをしのぐだけではなく、命にかかわる非常に大切なことだったと思われます。


草木染め商品のお手入れについて

草木染め商品のお手入れについて

お洗濯は弱酸性の石鹸洗剤またはランドリーマグをご利用ください。手洗いが一番長持ちしますが、洗濯機ネットでも可能です。お洗濯後は、かならず日陰干しで乾燥させてください。
新万葉染めは通常の草木染めよりも色落ちがしにくい技法ではありますが、天然のため色の変化が起こることがあります。
草木染めは強い紫外線と強酸性、強アルカリなどの高いPhに弱いです。
汗は通常は弱酸性でさらさらしているものですが、一般的に、不純物を多く含むほどベタベタになると言われています。
過度な緊張やストレス、運動不足などにより汗腺の働きが鈍ると不純物が増え、不純物でベタベタになった汗はPhの高いアルカリ性になり、お肌によくなく、同時に草木染めの色落ちにも繋がります。
このように、草木染めは心や体の状態に影響を受けると考えられますので、ご使用中の草木染め商品に色落ちがあった場合は、リラックスを心がける、運動をするなど、体と心の安定をとるタイミングと考えていただければ、草木染め商品は健康管理のめやすにもなります。
また、大切に長く使っていただくために、Liv:raでは自宅で簡単に、そして楽しく染め直しが出来る染め直しキットもご用意しております。自分で染める体験をすると、愛着もまた大きくなりますので、こちらもぜひご利用ください。


シルクについて

シルクについて

神様からの贈り物とされている高潔な生地です。人間の肌ととても相性が良いと言われています。
細かい穴がたくさんあり、通気性や吸湿性に優れており、夏は汗をしっかり吸って外に出し、冬は保温性が高く冷たい外気を寄せ付けません。
冷えとり・温活には最適な生地です。
また、紫外線を吸収するので、日焼け対策にもなったり、皮膚をいつも清潔な状態に保ってくれる抗菌性もあります。
このようにシルクはさまざまな効能があり、古くから多くの人々に愛されてきた素材です。
Liv:raでは品質と着心地を重視した選りすぐりの生地を選んでいます。


オーガニックコットンについて

オーガニックコットンについて

オーガニックコットンは、オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2~3年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の幻覚な基準を守って育てられた綿花のことです。
オーガニックコットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、この全製造工程を通じて、
オーガニック原料のトレーサビリティーと、含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的模範を守って製造したものを、オーガニックコットン商品といいます。
弊社は上記基準を厳格に守り、信頼出来る企業とのみ取引をしています。